TB001|薔薇・縞文様 Antique帯 Tote Bag & Pouch Set

  • ¥88,000
    単価 あたり 
税込(送料無料)


【文様・由来や意味】

薔薇文様:

 薔薇は西洋では美と愛の象徴とされ、様々な装飾に使われてきました。日本では中国から伝わった庚申薔薇がすでに「古今和歌集」に見られますが、文様として人気が出たのは大正以降の西洋薔薇です。

縞文様:

室町時代から大正時代にかけて輸入された名物柄の中に、間道(かんとう)と呼ばれる異国情緒の縦縞があり、これをきっかけに縞文様が注目されるようになった。江戸時代には粋な柄として大流行し、線の太さや数・間隔などによって様々な種類があります。

【素材】

帯:アンティーク名古屋帯(正絹)

レザーパーツ:本牛革

【サイズ】

バッグ本体(約):縦 31cm・横 48cm・マチ 12cm・持ち手 37cm

ポーチ(約):縦 15cm・横 24cm

 

【お取り引きについて】

ご注文前に以下を必ずお読みいただき、予めご理解の上ご注文をお願いいたします。

・ご注文後のキャンセル、返品について

全て一点ものの為、ご注文後のキャンセル、返品はご容赦いただいております。

・在庫について

ご注文のタイミングにより商品のご用意が出来ない場合がございます。その際には、ご注文自体をキャンセルとさせていただきます。予めご了承くださいませ。

・発送日時について

ご注文確定後、通常はご注文日から3日程度での発送となりますが、個展開催中などは発送までに1週間程度のお時間をいただく場合がございます。

・帯の経年劣化について

時間の経過による布地の劣化などが見られる場合がございます。目立つ箇所は使用を避けるように心掛けておりますが、黄変や小さなシミ・キズも、自然の成り行きとしてご理解いただきますようお願いいたします。